鼻の角栓を綿棒と馬油を使ってケアする方法を試してみたところ

鼻の角栓は無理矢理とると毛穴を広げそうだし、でも放っておいてもとれないし、というのが私の悩みの種でした。
ネットで見かけた「綿棒にオイルをつけてくるくると鼻の周りを転がす」というケアが簡単そうだし、必要なものは手元にあるのでやってみることにしたのです。
スキンケア用に使っている馬油は体温で溶けるので、綿棒ですくって鼻に乗せてくるくると回してみると、角栓がとれました。
あまりに簡単でびっくりです。
綿棒をよく見ると少し汚れているので、洗顔の時に綺麗に落とし切れていないメイク汚れも落としてくれる効果があったみたいです。
週に1~2回の割合で続けてますが、鼻の角栓ができにくくなったような気がします。
毎日使うものなので、そんなにお金もかからないのも嬉しいです。
(関連記事:https://www.congresoculturavivacomunitaria.org/?p=8

○毛穴の黒ずみの原因と改善方法
お肌の悩みと言えば、頬やフェイスラインのたるみ、シミ、しわ、くすみなど色々ありますが、年齢問わず多くの方が悩みやすいものとしては、やはり毛穴に関するトラブルです。
特にお肌がオイリーな方は、鼻や顎、額などの毛穴の黒ずみが目立つような状態になってしまい、改善することができず、ファンデーションで隠しながら生活をしているケースが多いです。
まず、毛穴の黒ずみの原因というのは、簡単に言ってしまうと皮脂やメイク汚れが毛穴に詰まり、酸化してしまうことによって引き起こされます。
クレンジングオイルなどで毎日きちんと洗顔し、メイクや皮脂を洗い落としているつもりでも、意外と毛穴に詰まりやすいものなので、時間が経つと酸化してしまうことが多いのです。
ですから、日ごろから毛穴にメイク汚れや皮脂が詰まらないように、きちんとケアしていくことが大切になってきます。
クレンジングオイルなどはお肌への刺激も強いですし、ダメージを与えてしまいますから、できるだけオイルではなくミルクなどを使うようにするか、石けんで落とせるようなファンデーション等を使用するようにしたほうがいいかもしれません。
そしてもう一つ大事なのは、2~3日に1回ぐらいのペースでピーリングジェルを使用することです。
お肌が強い方はスクラブ洗顔料でも良いですが、お肌を傷つけてしまう可能性もあるので、なるべくピーリングジェルを使ったほうがいいです。
ピーリングジェルは、お肌の古い角質を洗い落とし、毛穴に詰まったメイク汚れや皮脂も一緒に落としてくれる効果があります。
ですから、ピーリングジェルを使用することで毛穴にメイク汚れや皮脂が詰まることを防ぎつつ、古い角質などを洗い落として、綺麗な状態を保つことができるようになるので、ぜひ使っていただきたいです。
ピーリングジェルを使っていきますと、当然毛穴の黒ずみも気にならなくなりますし、毛穴自体が開かなくなっていくので、小さくなります。
(関連記事:鼻の黒ずみの悩みの解決のための第一歩