鼻の毛穴汚れや角栓の間違ったケアで毛穴が開いてしまった…。元に戻すには長い月日が必要に…。

私が高校生の頃、水で濡らして貼るタイプの毛穴パックがちょうど流行った頃でした。
物珍しいこともあったし、お年頃だったので周りの目を気にして、その様なものを使いたがる頃でした。
使って最初の頃は、鼻の毛穴汚れというか、角栓が面白い様に取れていたので、調子に乗って毎日のように使っていました。
しかも、何となくイメージ的に、化粧水を塗ると毛穴に化粧水が詰まりそうとか思っていたので、毛穴のパックをした後に、何もスキンケアをしないという、今思うと最悪のことをし続けていました。
使い始めてしばらくして気付いたのですが、鼻の下らへんを爪でかくと、毛穴の角栓が飛び出るようになっていました。
それを初めて見た時、本当にバカだったので、ピンセットでつまんで取れることが面白くて、半ば遊び感覚のような感じで取り、再びその後スキンケアを何もしないという負の無限ループと言ってもいいような行為を繰り返していました。
(関連記事:https://www.congresoculturavivacomunitaria.org/?p=14
そんなある日、周りの友達は私の鼻の様に、毛穴汚れが出てこないことに気付きました。
そこで初めて私の鼻の毛穴は開きまくってるのではないか?そうだとすると毛穴パックやスキンケアが間違っているのではないか?と思って、貼って時間を置いて乾かせて剥がすタイプのパックの使用を止めて、洗い流すタイプに変更し、パック使用後は化粧水やクリームをしっかりと塗ってケアするようにしました。
鼻の毛穴開きが治るまでどれくらいの期間がかかったのかは覚えていませんが、大学生時代までは毛穴汚れをピンセットでつまめたのは覚えています。
毛穴を開かすのは簡単なのに、元に戻すのは、倍どころじゃないほどの長い期間が必要なんだと、後々にすごく後悔しました。
あれから長い月日が経ち、今ではやっと普通の毛穴に戻りましたが、高校生の時、どうして剥がすタイプの毛穴パックなんて、お肌に負担がかかるものを調子に乗って頻繁に使っていたのか、これについては当時流行していたので、やむを得ない部分もありますが、少なくとも、なぜ毛穴パック後に必要なスキンケアをしなかったのか、過去に戻れるなら高校生の私に説教をしたい気分です。
(関連記事:https://www.congresoculturavivacomunitaria.org/?p=21

鼻の毛穴汚れを綺麗に落とすために生活習慣とスキンケアを見直そう

鼻の毛穴の汚れの原因はストレスや食生活、運動不足など、様々な生活習慣の乱れが影響して皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせてしまうことがあります。
またメイクなどが鼻の毛穴に残っているときなどに、黒ずみとなって表れることもあります。
まずは生活習慣を見直して、洗顔やスキンケアで肌を綺麗に保つことが大切です。
ストレスが溜まる生活や食生活が乱れているとき、運動不足の場合は皮脂が分泌されやすくなることがあります。
生活習慣をまず見直して、皮脂が過剰に分泌しないように規則正しい生活を心がけます。
食生活は栄養のバランスを考えるようにして、睡眠不足だったら睡眠時間を増やすようにします。
ストレスを溜めないように自分の時間を作って、リラックスすることも大切です。
(関連記事:https://www.congresoculturavivacomunitaria.org/?p=10

まず毛穴の汚れはクレンジング剤や洗顔料を使って落として、清潔を保つようにします。
メイクをしたときにはまずポイントメイク専用のクレンジング剤を使って、目元の濃いアイラインやマスカラを落とします。
コットンを使って優しく拭き取るようにして、目元に付着しているメイクの油分を落とすようにします。
次に顔全体をクレンジングして、毛穴に入っているメイクを綺麗に落とします。
下から上に向けて落とすと毛穴に汚れが戻ってしまうことがあるので、上から下に向けて落とします。
洗顔はたっぷりの泡で顔を洗うようにして、泡が毛穴の汚れを取り除いてくれるように丁寧に洗います。
汚れを落としたいからといって強い力で洗うのではなく、指を使って優しく鼻の汚れを落とすようにします。
クレンジングも洗顔もたっぷりのぬるま湯を使って洗い流して、肌にクレンジング剤や洗顔料が残らないように注意します。
洗顔をしたら化粧水をコットンに馴染ませて、肌を優しくパッティングします。
さらに乳液で油分を補給して、与えた水分を逃がさないように蓋をします。
鼻の毛穴にきちんと入るように、丁寧に塗ることがポイントの一つです。
鼻の黒ずみ解消おすすめ毛穴引き締めケア幻想郷について

鼻の角栓を綿棒と馬油を使ってケアする方法を試してみたところ

鼻の角栓は無理矢理とると毛穴を広げそうだし、でも放っておいてもとれないし、というのが私の悩みの種でした。
ネットで見かけた「綿棒にオイルをつけてくるくると鼻の周りを転がす」というケアが簡単そうだし、必要なものは手元にあるのでやってみることにしたのです。
スキンケア用に使っている馬油は体温で溶けるので、綿棒ですくって鼻に乗せてくるくると回してみると、角栓がとれました。
あまりに簡単でびっくりです。
綿棒をよく見ると少し汚れているので、洗顔の時に綺麗に落とし切れていないメイク汚れも落としてくれる効果があったみたいです。
週に1~2回の割合で続けてますが、鼻の角栓ができにくくなったような気がします。
毎日使うものなので、そんなにお金もかからないのも嬉しいです。
(関連記事:https://www.congresoculturavivacomunitaria.org/?p=8

○毛穴の黒ずみの原因と改善方法
お肌の悩みと言えば、頬やフェイスラインのたるみ、シミ、しわ、くすみなど色々ありますが、年齢問わず多くの方が悩みやすいものとしては、やはり毛穴に関するトラブルです。
特にお肌がオイリーな方は、鼻や顎、額などの毛穴の黒ずみが目立つような状態になってしまい、改善することができず、ファンデーションで隠しながら生活をしているケースが多いです。
まず、毛穴の黒ずみの原因というのは、簡単に言ってしまうと皮脂やメイク汚れが毛穴に詰まり、酸化してしまうことによって引き起こされます。
クレンジングオイルなどで毎日きちんと洗顔し、メイクや皮脂を洗い落としているつもりでも、意外と毛穴に詰まりやすいものなので、時間が経つと酸化してしまうことが多いのです。
ですから、日ごろから毛穴にメイク汚れや皮脂が詰まらないように、きちんとケアしていくことが大切になってきます。
クレンジングオイルなどはお肌への刺激も強いですし、ダメージを与えてしまいますから、できるだけオイルではなくミルクなどを使うようにするか、石けんで落とせるようなファンデーション等を使用するようにしたほうがいいかもしれません。
そしてもう一つ大事なのは、2~3日に1回ぐらいのペースでピーリングジェルを使用することです。
お肌が強い方はスクラブ洗顔料でも良いですが、お肌を傷つけてしまう可能性もあるので、なるべくピーリングジェルを使ったほうがいいです。
ピーリングジェルは、お肌の古い角質を洗い落とし、毛穴に詰まったメイク汚れや皮脂も一緒に落としてくれる効果があります。
ですから、ピーリングジェルを使用することで毛穴にメイク汚れや皮脂が詰まることを防ぎつつ、古い角質などを洗い落として、綺麗な状態を保つことができるようになるので、ぜひ使っていただきたいです。
ピーリングジェルを使っていきますと、当然毛穴の黒ずみも気にならなくなりますし、毛穴自体が開かなくなっていくので、小さくなります。
(関連記事:鼻の黒ずみの悩みの解決のための第一歩